京都市委託 病児病後児保育室 ろくごうかい病児保育室 京都市北区 北大路大宮
当日予約できます。
六合会の漢方

六合会の漢方

当院では治療法の第一選択肢として『漢方薬』を用いています。

とりわけ成長期のお子さんにとって体に優しく大きな副作用がない漢方薬は治療薬としてだけでなく、予防や体質改善にも役立ちます。


一人一人の症状に合わせてエキス薬、生薬による専門的な漢方治療を受けられる病児保育室です。

医師の回診時に漢方薬による治療をご希望の方はあらかじめお知らせください。

 
 
 

食材へのこだわり

「医食同源」(いしょくどうげん)

昼食やおやつで提供する食材にはこだわります。

薬で病気を治療するのも、食事をするのも、共に健康を保つために欠かすことのできないもので、根本は同じ源であるということ。

日常の食事に注意することが病気を予防し、治すという考え方。

 

食事メニューの一例

鮭のおかゆ
湯葉のあんかけうどん

 

おやつメニューの一例

おやつ一例

 


とりわけ、病気のときにはいつもより体にやさしく安全な食事やおやつを提供したいと心がけています。

 

 

お部屋へのこだわり

 

全体が見わたせる

 


キッチンや事務の場所から子供の様子を全方向見わたせるようになっています。

 


部屋1
部屋1
部屋1
部屋1

隔離機能をもつ各々の安静室には、窓・換気口・冷暖房・次亜塩素酸の空気清浄機が設置されており、空気がこもらないように考えられています。原則的に完全個室となっています。

病児保育室のスタイリッシュな内装は京都の雑貨店「INOBUN」さんのデザイナーにより、北欧調に手がけられています。全室に床暖房が完備されています。





最新検査機器

 

臨床化学分析装置と全自動血球計数器

多くの小児科で活用されている最新検査器「臨床化学分析装置 CHM-4100」、「全自動血球計数器 MEK-6510」を当院では導入しています。

超微量の血液でウィルス性の病気か、細菌性の病気かなど、すぐに測定することができます。

伝統医療の“知恵”に現代医学を活用します。


 

 

運営

医療法人 六合会診療所(ろくごうかいしんりょうしょ)

事業内容

京都市内の生後6ヵ月から小学6年生までの病児・病後児を一時的にお預かりする保育施設

所在地

〒603-8214 京都市北区紫野雲林院町18(むらさきのうんりんいんちょう)京都視力センタービル5階

電話 / FAX

075-411-1900